BATONER WHAT'S NEW用-01.jpg
糸を紡ぎ、編み上げていく。ニットを編む上でただひたすらに繰り返されるその作業の中にも、数えきれない程の技術が使用されています。創業から60年余り経った歴史に裏打ちされたノウハウを培い、尽きることのないクラフトマンシップによって、日本でも指折りの品質を誇るニットを生産してきた「奥山メリヤス」が2013年に立ち上げたニットのファクトリーブランド「BATONER」。
そんなこだわりのものづくりに定評のあるバトナーから今年もシェアパークの別注モデルが登場!別注モデルを含むバトナーのニットコレクションを揃えたPOP UPを店舗限定で開催いたします。(別注アイテムのみ一部店舗を除きシェアパーク各店で展開)
BATONER WHAT'S NEW用-02.jpg
バトナーのニットが作られる山形県寒河江市はニット生産において必要な工場のすべてが車で15分圏内に揃った、日本で唯一とも言われる場所。普通のメーカーでは到底かけられない程の時間と手間をかけて、原料から仕上げに至るまで、熟練の職人との試行錯誤の末に編み上げられるこだわりのニットたち。
スチームWHAT'S NEW用.jpg
一見して判る目面の美しさも、着た時に感じるやわらかさや心地よさも、着用を重ねてもへたらない丈夫さも、すべてはバトナーの確かな審美眼によって生まれています。次の世代へとバトンを繫いでいく意味のこめられた「BATONER(バトナー)」。ものが溢れる時代だからこそ、長く大切に愛せる、価値あるものを。
編み機WHAT'S NEW用.jpg

シェアパークの別注アイテムとしてスペシャルなダブルネームのアイテムも登場。
BATONER what's new用-03.jpg
レディスのダブルネームのアイテムは、バトナーのアイコニックな減らし目の定番ニットを、今年らしくゆるめのモックネックにアレンジ。ゆるやかな太めのベルスリーブはそのままでもロールアップしても好バランスのデザイン。シェアパークでしか買えない限定の別注アイテムです。
KNIT [KRL8LW0050] ¥18,000+tax ONLINE STORE

BATONER WHAT'S NEW用-05.jpg
モヘア×アルパカ×ウールのへアリーなノルディックプルオーバー。天然素材の良さが活かされたやさしい肌ざわりか心地よい1枚。インラインのレディースサイズ(POP UP店舗のみ展開)に加え、今年はメンズサイズをカラー別注(一部店舗を除き各店で展開)。
KNIT (MENS)[KRM8LW0101] ¥28,000+tax 

BATONER WHAT'S NEW用-04.jpg
さらに期間中バトナーの商品をお買上げ頂いたお客様にはニットキャップのノベルティをプレゼント!

こだわりのつまった“ made in 山形 ”のバトナーのニット。その品質の高さと着心地よさはぜひ手に取って、袖を通して。

【BATONER POP UP SHOP】
10/21(金)-10/30(日) ららぽーとTOKYO-BAY店
11/ 4 (金)-11/13(日)  Grand Tree武蔵小杉店
11/18(金)−11/27(日) 二子玉川ライズS.C.店

20151026.jpg
BATONER(バトナー)・・・
2013SSより展開をスタートさせた日本のブランド。
日本において現在ではほぼ皆無になりつつある手法を継承し、半世紀以上頑に作り続けている1951年創設の老舗ニットファクトリーから生まれたニットブランド。古き良き伝統的なニットを新しい解釈で展開し、受け継がれていくモノを追求している。